レーザー距離計で計測する際の注意点「ご自身の打ち方=弾道と距離について」

今日はレーザー距離計で距離を測っても、クラブの距離感が合わないっ、ということについて、よりリアルなゴルフプレーの観点からお話したいと思います。

目次

皆さんはご自身の打つボールの「弾道の高さ」を把握していますか?


ボールがお友達や練習場などで他の人と比べて「高い」方は、距離計で計測した時に「自分のボールは高く飛ぶから、距離を大きめに打とう」っという方が多いのですが、最近のクラブは「高くても飛ぶ=ボールが低スピン」が多くなっているので以外に「飛び過ぎる」ことになります。 また逆に「高くて飛ばない=ボールのスピンが多い」人もいます。

そこでいくつかの目安をご提案させていただきます。
(むろん、稀な方はいますが。。。参考までに)

提案1:ティーアップしたボールをSW=サンドウェッジで打ってみる
 〇 「直に打つよりも飛ぶ=低スピン」
 〇 「直に打つよりも飛ばない=高スピン」
   
提案2:PWとドライバーの距離(キャリー)を比べる
 ● ドライバー  = PWの飛距離×2倍 ・・・適正な弾道/スピン量
 ● ドライバー  > PWの飛距離×2倍 ・・・低タイプ
 ● ドライバー  < PWの飛距離×2倍 ・・・スピン量が多い方


今日のポイントは練習場でもしっかりレーザー距離計を使って自分の距離を理解すると本番のコースで役に立ちます。

そういう意味では高低差のある「3階打席」で打つのも良い「練習」なのです。(ただし、首は傾かないように真横を見て構えて「視線」だけピンを見る、これはアドレスとしても大事です!)

とはいえ、練習場ボールは飛ばないワンピースなので、100ヤードまでは実際の距離がありますが、それ以降は練習場数コースで試しましたが殆ど同じでした
 150Y=実際は140Y
 180Y=実際は165Y
 200Y=実際は180Y
 230Y=実際は210Y
 250Y=実際は230Yっというのがとても多いです。これに「高低差」ですね!
 ゴルフ場の距離表示もけっこう間違っているところも多いのでお気を付けください。

レーザー距離計 VPRO500S
これは、昨年のハワイ島で撮影したVPRO500S

本サイトではゴルフレーザー距離計に関する情報を発信しています。
ゴルフレーザー距離計のおすすめランキングを確認したい方はこちら

2023年9月
編集部おすすめのアイテムをPick Up

新しいゴルフ体験をあなたに

待望の新アイテムが2023年7月に発売しました。その名も「Team8」。音声GPSナビ機能が備わったBluetoothスピーカーです。

大好きな音楽をかけてゴルフをプレーすれば、いつもよりも良いスコアが狙えるかも。

無駄のないミニマルなデザインで、直感的に操作できるのが嬉しいポイント。持っているだけで「これなに?」と注目されそうな予感。

スピーカーとしても使えるので、アウトドアシーンや勉強のシーンなど、活躍の場も意外と多そう。

クーポン利用で得しちゃおう!

1,000円以上で使える

500円OFF

↓LINEお友達登録でクーポン配布中↓

この記事を書いた人

熊田貴行のアバター 熊田貴行 編集長

株式会社MEMOCO代表でありながら、OKIAZE BLOG編集長に就任。ゴルフは未経験ながらも本メデイア立ち上げにつきゴルフ専門ライターさんたちに教わりながら目指せ100切りを目標に日夜練習に励む。

目次