2021年ゴルフのプロツアーでゴルフ距離計での飛距離計測が解禁に!

皆さんはゴルフ距離計という道具をご存じでしょうか。
距離計は、計測地点から目標地点までの距離を測れる機械のことです。ゴルフ距離計だと、自分の打った球がどれくらい飛んだかの飛距離を測定することができます。

今回は、ゴルフのプロツアーで使用が許可されていなかった距離計の使用が認められたというニュースについて詳しく解説していきます。
仕組みについても紹介しますので、購入を迷われていた方はぜひ参考にしてください。

目次

プロツアーで使用禁止だった距離計が使えるように

全米プロゴルフ協会は、主催するメジャー3大会で距離計の使用を許可すると発表しました。
2021年5月17日に開催された「全米プロゴルフ選手権」より、使用が認められています。

しかし、計測方法や使い方によっては違反行為に当たってしまう場合があるため注意が必要です。
具体的には、高低差を計測したり、計測した情報からクラブの選択をアドバイスしたりするような「戦略の決定」に関する意見をすることは違反に当たります。

参考URL:https://news.golfdigest.co.jp/news/etofcl/pga/article/134807/1/

ゴルフを愛する全ての人に

オンラインストア OIKAZE

ゴルフを愛するすべての人に

オンラインストア

OIKAZE

ゴルフ距離計とは大きく2種類に分けられる

ゴルフ距離計は、大きく分けて「GPS距離計」と「レーザー距離計」の2種類があります。
正しく使用すれば、目標地点までの必要な飛距離が把握できるため、安心してショットを打つことができます。

GPS距離計

GPS距離計は、人工衛星を使い位置を把握することが可能です。
あらかじめ登録されている地図情報を元に、必要な飛距離を計測することができます。

レーザー距離計と比較すると測定距離の誤差が大きく、平均3yard程度の誤差が生まれます。
また、登録された場所以外では必要な飛距離を測ることができない為、新しいゴルフ場やピン情報が更新されたホールなどは必要な飛距離を測れません。

レーザー距離計

レーザー距離計は、目標地点にレーザーをあて、反射したレーザーが戻ってくるまでの時間から必要な飛距離を計測するタイプの距離計です。
非常に正確な計測方法で、誤差は100yardまでで平均1yard以内になります。

プロツアーで使用されることが多いのはレーザー距離計です。
正確で必要な飛距離を測れる道具ですので、新しくゴルフ距離計の導入を検討されている方にはレーザー距離計がおすすめです。

ゴルフを愛する全ての人に

オンラインストア OIKAZE

ゴルフを愛するすべての人に

オンラインストア

OIKAZE

プロも使っているレーザー距離計をゴルフの練習に取り入れてみましょう

いかがでしたでしょうか。
2021年5月からプロツアーでも距離計の使用が認められました。
使い方を誤ると違反に当たるため注意が必要ですが、正しく使用すれば必要な飛距離が分かり、安心してショットを打てるようになるゴルファーの強い味方です。

皆さんも普段のゴルフの練習に取り入れてみませんか?
正確で必要な飛距離を測りたいのであれば、レーザー距離計がおすすめです。

本サイトではゴルフレーザー距離計に関する情報を発信しています。
ゴルフレーザー距離計のおすすめランキングを確認したい方はこちら

Oikaze Blog渾身の記事

オレンジマン

Oikaze自社商品も競合商品も全てを実際に検証!ゴルフの距離計をアマチュアゴルファーのオレンジマンが正直レビューしました。

2024年6月
編集部おすすめのアイテムをPick Up

コスパ最強の距離計が新登場!
「レーザー距離計 Light」

-赤色表示も対応!次世代エントリーモデル-

2024年4月に新登場したTecTecTecの次世代エントリーモデルのゴルフ用レーザ距離計。ベストセラーモデルのMiniをベースに、業界最安値クラスの価格でありながら、赤色表示による見やすさを実現しています。

  • 「赤色表示」対応
  • 持ち運びやすいポケットサイズ
  • 精度±1y、測定スピード約0.5秒と主要機能はしっかり搭載

安くても信頼できるブランドのレーザ距離計を探している方、初めてレーザー距離計を購入したいゴルファーに最適な1台です!

クーポン利用で得しちゃおう!

5%OFF

↓LINEお友達登録でクーポン配布中↓

この記事を書いた人

熊田貴行のアバター 熊田貴行 編集長

株式会社MEMOCO代表でありながら、OIKAZE BLOG編集長に就任。ゴルフは未経験ながらも本メデイア立ち上げにつきゴルフ専門ライターさんたちに教わりながら目指せ100切りを目標に日夜練習に励む。

目次