PGAショー新製品紹介

こんにちは、TecTecTec Japan の水島です。

PGAショー2020のミズノの試打ブースにて。

今日は残念なお知らせがありました、日本で3月19日から横浜パシフィコで開催される予定だった「ジャパン ゴルフ フェア」が新型ウイルス「コービット19」の感染拡大防止策の一環から中止となりました、大変残念です。

その代わりに!日本で紹介されるはずだった新製品をお届けしたいと直訴! 認められました!

今日は、ミズノの新ドライバーで世界標準モデルのST200シリーズ、KBS初のドライバーシャフトのご紹介です。

ミズノですが日本では何故か?販売されなかったST190シリーズの後継機でソールのたわみ形状が特徴的なヘッドシリーズで弾道の高さでヘッドを選べる ラインナップです。

ノーマルタイプ「ST200」はこのフェース付近の「たわみ」が特徴的
ウエイトがトゥ側とヒール側で移動できる「ST200G」という珍しいタイプです。
メーカーの方が、持ち球やヘッドスピードを聞いてフィッティング!
強烈な追い風!のお陰で飛びを更に実感!

3つのヘッドどれも、構えたときの顔つきもノーマルで、構えやすいと感じました。 
私はボールが高めなので200Gのロースピン仕様を試打させていただきました。
200Xはスライサー向け、200はドロー向けとの

次のKBSと言うメーカーは、昔(25年以上前)にプレシジョンと言うシャフトメーカーをやっていた会社の息子さんが立ち上げた会社でスチール(つまり鉄製)のシャフトを専門にやっていましたが、最近カーボンシャフトの生産を始め、今年ついに!「ドライバー用のカーボンシャフトまで完成させたアメリカを代表する総合シャフトメーカーの一つです。」

ご紹介するのは「TDシャフト」シリーズです。2020年4月日本発売予定です。

KBSシャフト、初のカーボン製ドライバー用シャフト「TDシリーズ」
赤と黒のカラーリングがカッコイイ

シャフトは番号がふってあり、「41=40g台のL」、「52=50g台のR」「63=60g台のS」「74=70g台のX」「65=60g台のTX」と言う具合です。 私はもちろん「64」「74」を万振りしました!

メーカーの日本人担当者の方が丁寧に説明していただきました。
振り切りました! 良いシャフトですよ!
振れ!振れ!振れでした!

日本ではこれからの商品たちですが、伝統のミズノにアメリカ大手シャフトメーカーとあまり目立っていないですが要チェックです。

購入 購入 購入 購入

本サイトではゴルフレーザー距離計に関する情報を発信しています。
ゴルフレーザー距離計のおすすめランキングを確認したい方はこちら

Oikaze Blog渾身の記事

オレンジマン

Oikaze自社商品も競合商品も全てを実際に検証!ゴルフの距離計をアマチュアゴルファーのオレンジマンが正直レビューしました。

2024年6月
編集部おすすめのアイテムをPick Up

コスパ最強の距離計が新登場!
「レーザー距離計 Light」

-赤色表示も対応!次世代エントリーモデル-

2024年4月に新登場したTecTecTecの次世代エントリーモデルのゴルフ用レーザ距離計。ベストセラーモデルのMiniをベースに、業界最安値クラスの価格でありながら、赤色表示による見やすさを実現しています。

  • 「赤色表示」対応
  • 持ち運びやすいポケットサイズ
  • 精度±1y、測定スピード約0.5秒と主要機能はしっかり搭載

安くても信頼できるブランドのレーザ距離計を探している方、初めてレーザー距離計を購入したいゴルファーに最適な1台です!

クーポン利用で得しちゃおう!

5%OFF

↓LINEお友達登録でクーポン配布中↓

この記事を書いた人

熊田貴行のアバター 熊田貴行 編集長

株式会社MEMOCO代表でありながら、OIKAZE BLOG編集長に就任。ゴルフは未経験ながらも本メデイア立ち上げにつきゴルフ専門ライターさんたちに教わりながら目指せ100切りを目標に日夜練習に励む。

目次