ゴルフ距離計「ファインキャディJ300」の実力を比較評価!ラウンドで使った正直レビュー

ゴルフアイテムのなかでも重要度の高い「距離計」。距離計のなかでも「レーザー距離計」は質の高い商品が多く販売されています。レーザー距離計は、ゴルフをはじめたばかりで購入を考えている方や、エントリーモデルからの買い替えを検討している方にもおすすめ。

オレンジマン

しかし、どの商品を選べばいいのか悩むこともあるかと思います。

今回は、レーザー距離計を検討している方に向けて韓国メーカー「FINE CADDIE(ファインキャディ)」のなかでも、ミドルレンジのモデルにあたる「J300」の魅力や性能、実際のラウンドで使った使用感などをご紹介したいと思います。

また、TecTecTec(テックテックテック)のレーザー距離計「ULT-S PRO」と比較して、それぞれの「サイズ感」「手ブレ補正や計測のしやすさ」「ディスプレイ・視認性」「ピンロック・計測速度と精度」「高低差のON/OFF機能と操作性」の5つの項目で、おすすめポイントを徹底レビューしていきます。

この記事でわかること
・「ファインキャディ J300」の魅力や使い心地
・「ULT-S PRO」との比較(機能や仕様の違い)
・それぞれがおすすめな人

目次

ファインキャディ「J300」とは?

ファインキャディのレーザー距離計「J300」は、韓国のFineDigitalという企業が製造・販売している商品です。自動車IT分野の大手メーカーで、独自のノウハウをいかしゴルフ用距離計の分野でも商品を展開。

メインの「FINE CADDIE」シリーズなかでも「J300」は、ミドルレンジの人気のモデルです。

ファインキャディ「J300」の魅力

本体はレザータッチで落ち着いた雰囲気のある仕様。一見するとレーザー距離計に見えないところがいいですね。カラーはブラウンとホワイトの2色展開。

ファインキャディ「J300」には以下の機能も備わっています。

  • 0.1〜0.3秒の超高速計測
  • 測定方法で変わるバイブレーション
  • ピンフラッグを優先して測る独自のピンファインダー機能
  • 高低差をふまえた距離表示(ON/OFFの切替が可能)
オレンジマン

「J300」はミドルレンジモデルですが、ゴルフのプレーに必要な最低限の機能はすべて搭載されている点が魅力のレーザー距離計です。

ゴルフを愛する全ての人に

オンラインストア OIKAZE

ゴルフを愛するすべての人に

オンラインストア

OIKAZE

ファインキャディ「J300」とTecTecTec「ULT-S PRO」を比較!

ミドルレンジモデルのファインキャディ「J300」ですが、性能は他ブランドの上位モデルにも負けてない仕様です。

今回はTecTecTecのハイエンドモデル「ULT-S PRO」と使い心地や機能を比較。実際にラウンドで使用した感想なので、カタログを見ただけではわからない使い心地をご紹介していきます。

TecTecTecのレーザー距離計「ULT-S PRO」とは?

TecTecTecはフランスに本社を置く企業で、ゴルフ用レーザー距離計において、アメリカAmazonで5年連続販売台数1位を獲得。その性能と魅力的な価格設定は日本でも人気です。

そんな人気メーカーTecTecTecの「ULT-S PRO」の魅力は「手ブレ補正」の機能が備わっている点。長い距離や強風時でも安定した計測が可能になります。

「ULT-S PRO」にはほかにも以下の機能が備わっています。

  • 計測速度は “スゴ速” といわれる高速測定
  • ディスプレイは確認しやすい有機LED赤色表示
  • ピンフラッグを優先して測る独自のピンモード機能
  • 高低差をふまえた距離表示(ON/OFFの切替が可能)
  • 霧のなかでも瞬時に計測する霧モード搭載
オレンジマン

「ULT-S PRO」はTecTecTecのハイエンドモデルだけあり、ゴルファーにとってほしい機能はすべて搭載されたモデルです。

比較したTecTecTec距離計はこれ!
手振れ補正付き「ULT-S PRO 」

TecTecTec/テックテックテック
レーザー距離計 ULT-S PRO

手ブレのない世界へ

JAPAN CONSUMER RESEARCH ゴルフ用レーザー距離計ブランド部門 3冠達成!

Tec史上初、待望の手ブレ補正機能、LED表示、次世代ピンモードを搭載したフラッグシップモデル。

驚くほど早く距離計測ができ、計測時のストレスフリー!こだわりのある方にこそ使ってほしい、プロ仕様の一台です。

「ULT-S PRO」を購入したお客様の声

まだゴルフ場での使用はしていないですが
家の周りでいろいろ測って速度等を確認してみました。
ポイントを合わせて距離を算出時間は、ほんと早いですね
N社とかB社にも劣らないと思います。
表示も見やすいですし、今のところ満足です。
ゴルフ場で使うのが楽しみです。

練習場で使用してみましたが、手ブレ補正機能、有機LED赤色表示、ピンモード・バイブレーション機能すべてに関して問題なさそうです。本番で使用するのが楽しみです。

非常に使いやすく計測のレスポンス、精度も良いと思います。価格もリーズナブルでおすすめです。

\ TecTecTec ULT-S PROをチェックしてみよう /

ゴルフを愛する全ての人に

オンラインストア OIKAZE

ゴルフを愛するすべての人に

オンラインストア

OIKAZE

ファインキャディ「J300」とTecTecTec「ULT-S PRO」のスペック詳細

まずは2つのレーザー距離計のスペックを確認してみましょう。


FineCaddie
J300

TecTecTec
ULT-S PRO
サイズ105×66×38mm112×76×42mm
重さ161g
(実測)
208g
(実測)
専用ケースありあり
手ブレ補正なしあり
ディスプレイ表示黒色赤色
(自動調光)
高低差測定あり
(切替可能)
あり
(切替可能)
最大計測1093y1200y
精度±1y±1y
バイブレーションなしあり
ピンロック※ありあり
防水性生活防水生活防水
霧モードなしあり
電源充電式
(USB Type-C)
CR2 リチウム電池×1本
購入する
各製品の比較

※ 「ピンロック」について
ピンフラッグの奥にある木々をピンフラッグと間違えて計測しないようにする機能。ファインキャディ「J300」では”ピンファインダー”との名称が使われており、「ULT-S PRO」では”ピンモード”と呼んでいます。どちらも機能としては同じで、本記事では総称して「ピンロック」との呼び方で表示。

オレンジマン

2つの商品を比べてみると、性能に違いが見えてきました。

それぞれの商品の長所・短所がはっきりとしているので、「この機能はほしい」や「この機能はいらない」など、レーザー距離計を選ぶ際の参考にしてくださいね。

ゴルフを愛する全ての人に

オンラインストア OIKAZE

ゴルフを愛するすべての人に

オンラインストア

OIKAZE

ゴルフ上達をサポート!
編集部おすすめのアイテムはこれ

日本初上陸!
圧倒的なグリップ力と持続力をもたらす滑り止め

ゴルフのグリップが手汗で滑ってしまう方に朗報です。日本初上陸の革新的な滑り止め「チョークレス」が登場しました。

独自の特許技術”モンスターパウダー”を手に擦り込むだけで、自分自身の手の感覚を残しつつ、グリップ力が圧倒的に向上するという優れモノです。

【特徴】
1.驚異的なグリップ力
2.圧倒的な持続力
3.手汗や水を弾く撥水性
4.待たずに使える即効性
5.USGA公認!競技で使用可能
6.米国特許取得済み

結果としてスイングスピードも上がり飛距離アップに繋がるかも。

気になる方はぜひ、下記の公式ページや、レビュー記事をチェックしてみてください。

ファインキャディ「J300」とTecTecTec「ULT-S PRO」を5項目で比較評価

ここからは実際にラウンドで使用して感じたことを含め2つのレーザー距離計を比較していきます。

今回は、レーザー距離計にとって個人的に特に大事だと思う以下の5項目について比較しました。

比較した5項目はこれ!
①サイズ感
②手ブレ補正や計測のしやすさ
③ディスプレイ・視認性
④ピンロック・計測速度と精度
⑤高低差のON/OFF機能と操作性

サイズ感を比較

本体サイズはファインキャディ「J300」が一回りコンパクト。どちらのレーザー距離計も大きな凹凸がなく握りやすいのが特徴。

持ってみた率直な感想は、ファインキャディ「J300」のほうがサイズ的に手に馴染む印象を受けました。特に手の小さい方にはワンサイズ大きな「ULT-S PRO」は握りにくいと感じるかもしれません。

サイズはファインキャディ「J300」の方がコンパクトですが、TecTecTec「ULT-S PRO」にはラバーパーツが多く使われていることからグリップ力が高く滑りにくい点が特徴。

オレンジマン

今回の比較ではファインキャディ「J300」のほうがコンパクトですが、常にポケットに収納できるほど小さいかというとそこまでではありません。どちらも基本的に専用ケースに入れて持ち運ぶことになると思います。

ポケットに入れられるサイズ感でなおかつ性能の高い商品があればそちらのレーザー距離計の評価が高くなりますが、今回比較した2機種の場合、持った感じやグリップ力など、好みによって評価が分かれる結果となりました。

手ブレ補正や計測のしやすさを比較

TecTecTec「ULT-S PRO」には手ブレ補正が備わっており、その点は大きな特徴になっています。一方のファインキャディ「J300」には手ブレ補正の機能はついておらず、その点はデメリット。

手ブレ補正がついていなくても、50yや100yでは性能の差を感じませんが、距離が伸びれば伸びるほど使いやすさや効果は変わってきます。強風時に200y先のピンフラッグを測る場合などは、手ブレ補正があるのとないのとでは計測のしやすさがまったく違います。

また、手ブレ補正がついていれば両手でレーザー距離計を持って測らなくても、片手で遠くのピンフラッグを計測することが可能。

ファインキャディ「J300」は手ブレ補正がない分、測りにくいかと言えばそうではなく、200y先でもしっかり計測できます。

オレンジマン

しかし、手ブレ補正は照準をターゲットに当てやすくする機能なので、あったほうが便利で、「ピンフラッグが遠くてなかなか当たらない!」という事態も回避でき、スロープレー防止にも繋がります。

手ブレ補正が備わったレーザー距離計は手ブレ補正ナシの商品よりも価格的に高くなりますが、計測のしやすさが格段に違います。少々高額でも長い目で見れば投資する価値は十分にあるといえるでしょう。

\ TecTecTec ULT-S PROをチェックしてみよう /

ディスプレイ・視認性の比較

ファインキャディ「J300」はブランド内でミドルレンジのレーザー距離計です。一方のTecTecTec「ULT-S PRO」はハイエンドモデル。ランクの違いはディスプレイ内の表示色など、細かな点に現れます。

ファインキャディ「J300」は色が黒色表示。一方のTecTecTecの「ULT-S PRO」は赤色表示です。

画像でも確認できるとおり、TecTecTec「ULT-S PRO」の赤色表示のほうが圧倒的に見やすいのがわかると思います。さらに「ULT-S PRO」は表示の調光ができ、自動調光の機能も備わっている品。ナイターや夕方など、暗い中でプレーする際、ディスプレイが明る過ぎて眩しいと感じる場面では明度を落として見やすさを維持できますよ。

オレンジマン

ランクの違いもありますが、視認性の高さはTecTecTecの「ULT-S PRO」が優れています。

レンズの色合いはファインキャディ「J300」のほうが肉眼で見る色合いにより近く、TecTecTecの「ULT-S PRO」はやや青みがかった印象で鮮やか。2機種ともにレンズを覗いた景色は明るくクリアで見やすいです。

ブランドによっては肉眼で見たときとレンズを覗いたときとで色合いが大きく違ったり、暗くなったりする商品もありますが、この点の心配は2機種ともにまったくないといっていいでしょう。

\ TecTecTec ULT-S PROをチェックしてみよう /

ピンロック・計測速度と精度を比較

ピンロックは、ピンフラッグの奥にある木々をピンフラッグと間違えて計測しないようにする機能です。ピンロック機能はどちらのレーザー距離計にも搭載。計測が完了するとバイブレーションの振動で完了をお知らせしてくれます。

計測速度はどちらも高速測定が可能で、0.1~0.2秒の違いなので比較するのは難しいところ。これぐらい高速で測れるのは、レーザー距離計の中でも最高速レベルで、これ以上にはっきりと速いものを見つけるのは困難だと思います。

オレンジマン

とにかくどちらも速いです!

精度面でも安定した計測が可能。確認のために何度も測り直す必要がなく、最高でも2回測っておけば安心だと思います。

計測速度と精度はレーザー距離計の肝でもある項目なのでとても重要ですが、どちらも安定した使い心地が印象的でした。

高低差のON/OFF機能と操作性を比較

2機種ともに高低差を加味した計測ができ、ON/OFFの切替も可能。

高低差計測は一般的な競技では使えない機能なので「ON/OFF」の切替ができるのはとても重要です。

その際の切替方法ですが、TecTecTec「ULT-S PRO」では本体前部をスライドさせることでONになり、戻すとOFFになる仕組み。まさにワンタッチでストレスフリー。

一方のファインキャディ「J300」では計測ボタン(電源ボタン)の前にMボタン(モードボタン)があり、電源を入れた状態でMボタンを押せばON/OFFの切り替えが可能です。こちらもボタンを一度押すだけなのでストレスフリー。

また、高低差計測機能では「ON/OFF」を周りの人にしっかりと認識させられるのかも大切。仮に使用不可の競技で使ってしまうとペナルティや失格になってしまいます。そういう意味でも同伴者へ使っていないことをアピールする機能はとても重要な要素です。

TecTecTec「ULT-S PRO」の場合、高低差計測機能をONにすると本体に赤い部分が現れるので、周囲の人も確認しやすい仕様。

一方のファインキャディ「J300」は本体上部の前面についた赤色のランプが点灯します。ランプ輝度は高いのですが、前面についていることで離れた同伴者から確認しづらいのがデメリット。このランプが本体側面に配置されていたら周囲の人も見やすいと思いました。

高低差計測のON/OFFの切替方法はどちらも簡単でワンタッチですが、同伴者への配慮を考えるとTecTecTec「ULT-S PRO」のほうが不安なくアピールできる商品だと感じました。

\ TecTecTec ULT-S PROをチェックしてみよう /

ゴルフを愛する全ての人に

オンラインストア OIKAZE

ゴルフを愛するすべての人に

オンラインストア

OIKAZE

ファインキャディ「J300」の魅力&「ULT-S PRO」との比較評価まとめ

今回はファインキャディ「J300」の魅力とともに使ってみた感想、TecTecTecのレーザー距離計「ULT-S PRO」との比較をご紹介しました。

商品名
FineCaddie
J300

TecTecTec
ULT-S PRO
サイズ感・コンパクトで軽量
・手に馴染みやすく持ちやすい
・「J300」と比較すると、やや大きい印象
・本体にはラバーが多く滑りにくいのが特徴
手ブレ補正手ブレ補正機能なし・遠くの目標でも圧倒的にラクに計測できる
・片手で簡単に計測可能な補正力が魅力
ディスプレイ・視認性黒色表示の一般的なディスプレイで「ULT-S PRO」と比較すると視認性が低い・赤色表示のためくっきりとして見やすい
・調光も可能
ピンロック・計測速度と精度・ピンロック:正確に作動
・最高クラスの計測スピードと精度
・ピンロック:正確に作動
・最高クラスの計測スピードと精度
高低差のON/OFF機能の切替と操作性・ボタンひとつで切替操作ができて簡単
・上部にある赤色ランプが点灯するが、離れた同伴者からは確認が難しい点はデメリット
・切替操作はワンタッチでストレスフリー
・高低差計測機能をONにすると本体に赤い部分が現れるので、周囲の人も確認しやすい
購入する
各製品の比較

今回比較したTecTecTecのハイエンドモデル「ULT-S PRO」は、”手ブレ補正”と”赤色表示”ができる点がメリット。一方の「J300」に手ブレ補正機能や赤色表示の機能は搭載されていませんが、他社のハイエンドモデルと比較しても十分に使える性能のレーザー距離計でした。

ファインキャディ「J300」は、価格的にもレーザー距離計を初めて購入する方におすすめ。レーザー距離計の中には1万円を切るような商品もありますが、精度や機能に不安があります。その点ファインキャディ「J300」は精度も機能も高く安心して使えると思います。

高い性能を誇るTecTecTec「ULT-S PRO」に関しては、初めての方から高いレベルの競技ゴルファーまですべての方におすすめファインキャディ「J300」のようなミドルレンジのレーザー距離計と比べて少し値は張りますが、この精度・機能を考えれば十分に価値のある商品です。

どのレーザー距離計を購入しようか迷った際には、このレビューが参考になればとてもうれしく思います。

比較したTecTecTec距離計はこれ!
手振れ補正付き「ULT-S PRO 」

TecTecTec/テックテックテック
レーザー距離計 ULT-S PRO

手ブレのない世界へ

JAPAN CONSUMER RESEARCH ゴルフ用レーザー距離計ブランド部門 3冠達成!

Tec史上初、待望の手ブレ補正機能、LED表示、次世代ピンモードを搭載したフラッグシップモデル。

驚くほど早く距離計測ができ、計測時のストレスフリー!こだわりのある方にこそ使ってほしい、プロ仕様の一台です。

「ULT-S PRO」を購入したお客様の声

まだゴルフ場での使用はしていないですが
家の周りでいろいろ測って速度等を確認してみました。
ポイントを合わせて距離を算出時間は、ほんと早いですね
N社とかB社にも劣らないと思います。
表示も見やすいですし、今のところ満足です。
ゴルフ場で使うのが楽しみです。

練習場で使用してみましたが、手ブレ補正機能、有機LED赤色表示、ピンモード・バイブレーション機能すべてに関して問題なさそうです。本番で使用するのが楽しみです。

非常に使いやすく計測のレスポンス、精度も良いと思います。価格もリーズナブルでおすすめです。

\ TecTecTec ULT-S PROをチェックしてみよう /

Oikaze Blog渾身の記事

オレンジマン

Oikaze自社商品も競合商品も全てを実際に検証!ゴルフの距離計をアマチュアゴルファーのオレンジマンが正直レビューしました。

2024年2月
編集部おすすめのアイテムをPick Up

人気のMiniに「赤色表示」が登場!

TecTecTecのロングセラー人気距離計「Mini」から、待望の赤色表示モデルが登場!その名も「Mini+R

すっぽりと手に収まるサイズ感、持ち運び楽々の軽量モデルと、嬉しいことづくしの機能はそのままに、圧倒的な”見やすさ”を赤色表示で実現しました!

ハイエンドモデルで採用されることが多い赤色表示ですが、「Mini+R」は19,900円(税込)の価格設定が魅力。

初めての距離計はもちろん、コスパの良い距離計を探している方にお勧めしたい1台です!

クーポン利用で得しちゃおう!

5%OFF

↓LINEお友達登録でクーポン配布中↓

この記事を書いた人

インスタグラムでオレンジマンとして活動中のアマチュアゴルファー。ゴルフ歴は18年で、ここまで独学でゴルフを学びベストスコアは68までに。インスタグラムではプロとは違う、アマチュアならではの目線でゴルフの楽しみ方を発信中。ゴルフに関する事なら、ギア、ファッション、ガジェット、練習器具、全てに興味を持ち精通しています。

目次