ゴルフを始める初期費用はいくら?初心者に必要な道具ごとの予算相場を解説

編集長 熊田

なんとなくお金がかかりそうなイメージがあるゴルフですが、初心者が始めるのにどのくらいお金がかかるのか、実際にはよく知らない方も多いように思います。

ゴルフの練習を始めるだけであれば、すべての道具を揃える必要はないので、もし費用面がネックになっているのであれば、もったいないです。

本記事では、ゴルフを始める初心者が必要な道具を買うのに、いくら費用がかかるのかをまとめました。これから道具を揃える予定のゴルフ初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ゴルフを始める初心者は初期費用にどれくらいの予算を見ておくべきか

初心者がゴルフ道具を買う時の予算は、「打ちっぱなしデビュー」と「コースデビュー」に分けて考えましょう。それぞれ詳しく見ていきます。

ゴルフ初心者が打ちっぱなしデビューするときの予算

ゴルフ初心者は、ラウンドデビューに向けてまずは打ちっぱなし(ゴルフ練習場)で練習を積みましょう。打ちっぱなしへ行くのに最低限必要な道具は次の3つです。

初心者が打ちっぱなしへ行くために揃える道具
  • シューズ
  • 動きやすい服装
  • ゴルフグローブ

シューズや服装は手持ちのもので大丈夫ですが、グローブだけはゴルフ用を準備する必要があります。
グローブは、初心者であれば1,000円~2,000円程度のものを選べば十分でしょう。

また、ボールやゴルフクラブはレンタルできるので、自分で揃える必要はありません。

ゴルフ初心者がコースデビューするときの予算

コースデビューをする時に、新たに必要となる道具は以下です。

初心者がコースデビューするときに新たに揃える道具
  • ゴルフクラブ
  • ゴルフバッグ
  • ゴルフボール
  • ゴルフシューズ
  • ゴルフウェア
  • キャップ
  • ティー
  • マーカー
  • ボストンバッグ

中古品や持っているもので揃えれば約4万円、標準的な価格のもので揃えると、約10万円が目安です。

ゴルフを愛する全ての人に

オンラインストア OIKAZE

ゴルフを愛するすべての人に

オンラインストア

OIKAZE

【道具別】初心者がゴルフを始めるための初期費用

それでは、初心者がゴルフを始めるためにかかる費用を道具別に見ていきましょう。

ゴルフグローブ

ゴルフ初心者にとって、最初に必要な道具がゴルフグローブです。クラブを握る際のグリップ力を高めたり、手を保護したりする役割があり、練習場でもコースに出てからも必要になります。安いものだと500円程度で買えますが、片手用で2,000円を超えるものもあります。

コスパに優れたおすすめゴルフグローブ

スクロールできます
商品名フットジョイ
ウェザーソフ
フォーサリンク
シープスキングローブ
イオンスポーツ
インスパイラル グローブ
特徴合成皮革で耐久性◎
ドライ状態での使用に
抜群の付け心地
天然革のグローブ
雨に強いおすすめグローブ

濡れる程グリップ力が上がる
価格(税込)通常価格
1,320円

Oikaze会員価格
1,056円
通常価格
2,860円

Oikaze会員価格
2,228円
通常価格
1,870円

Oikaze会員価格
1,402円
購入する購入する購入する

ゴルフクラブ

ゴルフ初心者は、ゴルフクラブ数本とキャディバッグがセットになった「初心者セット」を買うのがおすすめです。

安いものだと2万円台、大手ゴルフメーカーの商品であれば5~6万円で購入できます。中古品は3割引きほどの値段で買えるので、価格を抑えたい人は検討してもよいでしょう。

ゴルフバッグ

初心者セットにゴルフバッグが入っていない場合は、別で購入しなくてはいけません。

安いもので1万円、一般的なものだと2万円で購入可能です。また、中古品であれば新品の半額ほどで買うことができます。

ゴルフボール

ゴルフ初心者におすすめなのはロストボールで、50球1,500円程度と安く購入できます。ロストボールとは、ゴルフ場で池やOBに転がったボールのことです。

初心者の方で新品のゴルフボールを購入したい場合は、1ダース(12球入り)1,000~3,000円のものを選びましょう。

コスパに優れたおすすめゴルフボール

スクロールできます
商品名本間ゴルフ
D1ボール
ブリジストン
TOURSTAGE EXTRA DISTANCE
スリクソン
DISTANCE
特徴『コストパフォーマンスNo.1』との呼び声高い人気ボールコストパフォーマンスに優れた飛距離追求ボール発売から23年のロングセラー商品の最新モデル
価格(税込)通常価格
2,200円
通常価格
2,035円

Oikaze会員価格
1,547円
通常価格
2,200円

Oikaze会員価格
1,980円
購入する購入する購入する

ゴルフシューズ

コースでは、ゴルフ場の芝で滑らないためにゴルフ専用シューズを用意しましょう。重く滑りにくいソフトスパイクは1万円台から、軽く歩きやすいスパイクレスは5,000円台から売られています。

ゴルフウェア

ゴルフウェアは、ゴルフ場ごとに決まっているドレスコードを満たしていれば、ゴルフ専用のウェアでなくても問題ありません。一から上下を揃えるとしても、ユニクロなどであれば1万円程度で揃います。

また、ゴルフ場のクラブハウスではジャケット着用がドレスコードになっている場合があります。もし買う場合は、ユニクロで5,000円程度のジャケットも一緒に揃えておきましょう。

キャップ

キャップは手持ちのもので大丈夫ですが、持っていない場合は2,000円程度で購入できます。ゴルフ場によっては着用義務があるので、忘れず準備しておきましょう。

ティー

ティーショット(各ホールの一打目)を打つときに、地面に差し、ボールを浮かせて打ちやすくするための道具です。ティーは安いものだと100円程度、標準的なものだと300円程度で売られています。

マーカー

マーカーは安いもので500円、標準的なものは1,000円程度で購入可能です。ゴルフ場によっては、無料でオリジナルのマーカーをもらえるところもあります。

ボストンバッグ

ボストンバッグは、手持ちのものがあればゴルフ用に新しく買う必要はありません。
ゴルフ用のボストンバッグは、ゴルフシューズや小物が収納しやすいように作られています。1万円程度で売られているので、持っていない人は揃えておきましょう。

ゴルフを愛する全ての人に

オンラインストア OIKAZE

ゴルフを愛するすべての人に

オンラインストア

OIKAZE

ゴルフに必要な道具を揃えてゴルフを始めてみよう!

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、ゴルフ初心者がゴルフを始めるのに必要な初期費用がご理解いただけたと思います。打ちっぱなしに行くだけなら、案外費用がかからないなと思った方もいるのではないでしょうか。

ゴルフに必要な道具の予算は、用途やグレードによって異なります。お気に入りの道具を揃えて、ゴルフを楽しみましょう。

ゴルフを愛する全ての人に

オンラインストア OIKAZE

ゴルフを愛するすべての人に

オンラインストア

OIKAZE

ゴルフ上達をサポート!
編集部おすすめのアイテムはこれ

日本初上陸!
圧倒的なグリップ力と持続力をもたらす滑り止め

ゴルフのグリップが手汗で滑ってしまう方に朗報です。日本初上陸の革新的な滑り止め「チョークレス」が登場しました。

独自の特許技術”モンスターパウダー”を手に擦り込むだけで、自分自身の手の感覚を残しつつ、グリップ力が圧倒的に向上するという優れモノです。

【特徴】
1.驚異的なグリップ力
2.圧倒的な持続力
3.手汗や水を弾く撥水性
4.待たずに使える即効性
5.USGA・R&A公認!競技で使用可能
6.米国特許取得済み

結果としてスイングスピードも上がり飛距離アップに繋がるかも。

気になる方はぜひ、下記の公式ページや、レビュー記事をチェックしてみてください。

ゴルフを始めるならスコアアップに役立つ道具もチェック!
ゴルフ初心者におすすめのアイテム3つ

せっかくゴルフを始めるなら、良いスコアでラウンドをしたいですよね。ここからは、ゴルフ初心者にもぜひチェックしてほしいおすすめアイテムをご紹介します。

ゴルフ初心者におすすめの道具①
GPS距離計

GPSを使って自分の位置を把握し、グリーンまでの距離、ピンまでの距離などを測ることができるアイテム。比較的安価でゴルフ初心者でも手に取りやすいのが魅力です

TecTecTec GPS距離計「ULT-G Ultra Light」

TecTecTec/テックテックテック
ゴルフGPS ULT-G Ultra Light(ウルトラ・ライト)

ブランド史上最少最軽量モデル!TecTecTecの初の日本語対応GPSが登場!

クリップ式でゴルフボールより軽いので、持ち運びも楽々です。

  • 日本のコースだけでなく、海外のコースも登録されており世界中で使える!
  • コースに到着したら「検索ボタン」を押してコースを選んでさぁプレー開始!

TecTecTecが満を持して発売する日本の最新コース出た対応のGPS、専用の携帯アプリと連動すればコース情報も更新できます!

「ULT-G Ultra Light」を購入したお客様の声

精度高く、グリーンエッジ、奥までの距離参考になります。また携帯用コンパクトでかさばりません。距離計測器はプレーの妨げになりイライラします。これで充分です。 

ユピテルの携帯ナビを使用していました。 ポケットからの出し入れが面倒でしたので、ウオッチ型を検討していましたが、こちらのタイプが使い勝手が良さそうで購入しました。ラウンドで一度使用しましたが、まずまずです。 情報量は前の物より劣りますがシンプルで自分の感覚では十分だと思います。 文字は大きくて見やすいです。念の為紛失防止のものを100均で後付けしました。 

アップルウォッチをプレイ中につけてるので腕時計型はつけたくなかったので、これなら小さくて邪魔にならないからいいです

ゴルフ初心者におすすめの道具②
レーザー距離計

レーザー距離計は、レーザーを直接ターゲットに照射し目標までの距離を正確に測るための道具です。ボタンを押すだけで、高低差を含め正確な距離が簡単にわかります。

とくに初心者のうちは、目視で大体の距離を測ることは難しいでしょう。レーザー距離計を使って距離を把握をすることで、練習通りに自信をもって打ちやすくなります。

TecTecTec レーザー距離計「Mini」

TecTecTec/テックテックテック
Mini

-この軽さ、サイズ、新次元-

このモデルの特徴はサイズ、軽さ、コスパの3つです!!

まずサイズですが、スマホよりも小さく、小さい手の女性でも負荷なく持ててしまいます!そして圧倒的に軽いのでポケットにいれてスイングできてしまうレベルです。

  • 測定距離800ヤード、精度も±1yで測定スピード約0.5秒とミニなのに高性能
  • 測定した事を知らせる振動機能(バイブレーション)も搭載。

リーズナブルな価格設定ですし、基本的な機能はしっかり備わっているので、初めて距離計を購入する方にオススメの一台です!

「Mini」を購入したお客様の声

今まではGPS距離測定器を使っていましたが、最近距離表示が変な事がおおくなり買い替えに本機を購入しました。 思った以上に軽くて小さいです。もっと早く買えば良かったと思いました。 部屋の中で試してみましたが使い勝手は悪くない感じです。 早く本コースで使ってみたいと思います。

距離計4台めですが、小型で測定が早く対円満足です。 

思っていたとおりのサイズと軽さ。計測も室内で試したレベルですが、早く計測できそうで、次のラウンドが楽しみです。またどうやらシリコンカバーが売ってるようで、これがあれば他の人と差別化できてよさそうです。

ゴルフ初心者におすすめの道具③
スイング撮影機

ゴルフの上達には練習が欠かせません。練習をサポートしてくれるグッズもぜひチェックしてみましょう。スイング撮影機など、初心者でも気軽に買えるお手頃価格のものもありますよ。

スイング撮影器具「PracticeView」

TecTecTecブランド初のスイング撮影機器。本体にスマホを固定し、クリップで挟めるところならどんな角度でもどんな場所でも取り付けることが可能。

スマホを掴むホルダー部分は取り外しができ、2箇所にネジ穴があるので設置の場所やシーンに応じて最適のポジションが見つかります。

練習場でのスイングのチェックや、ラウンドでのチェックににぴったり。しっかり掴むことができるので、設置の仕方によっては普段取れない映像が撮れるかもしれません。

「PracticeView」を購入したお客様の声

手軽に取り付けられて動画撮影も簡単に出来て満足です。製品精度も良い感じで良い動画が撮れるので今後も定期的にスイングを確認して行けそうです。 

翌日配送で、丁寧に梱包されていました。 商品は思ったよりもしっかりしていて、プロ用のカメラ機材みたいであらゆる角度に調整出来ます。説明書もしっかり付いていました。満足な商品です。

他社の製品からこちらに変更しました。スマホの可動領域が増えて使い勝手が良いです。 

Oikaze Blog渾身の記事

オレンジマン

Oikaze自社商品も競合商品も全てを実際に検証!ゴルフの距離計をアマチュアゴルファーのオレンジマンが正直レビューしました。

2024年6月
編集部おすすめのアイテムをPick Up

コスパ最強の距離計が新登場!
「レーザー距離計 Light」

-赤色表示も対応!次世代エントリーモデル-

2024年4月に新登場したTecTecTecの次世代エントリーモデルのゴルフ用レーザ距離計。ベストセラーモデルのMiniをベースに、業界最安値クラスの価格でありながら、赤色表示による見やすさを実現しています。

  • 「赤色表示」対応
  • 持ち運びやすいポケットサイズ
  • 精度±1y、測定スピード約0.5秒と主要機能はしっかり搭載

安くても信頼できるブランドのレーザ距離計を探している方、初めてレーザー距離計を購入したいゴルファーに最適な1台です!

クーポン利用で得しちゃおう!

5%OFF

↓LINEお友達登録でクーポン配布中↓

この記事を書いた人

熊田貴行のアバター 熊田貴行 編集長

株式会社MEMOCO代表でありながら、OIKAZE BLOG編集長に就任。ゴルフは未経験ながらも本メデイア立ち上げにつきゴルフ専門ライターさんたちに教わりながら目指せ100切りを目標に日夜練習に励む。

目次