おすすめのパター練習器具「SQUARE1」効果や使い方・自宅での練習方法を解説

ライター亜月

「あのパターが入っていれば目標スコアで回れたのに」「パターが入らずスコアを重ねてしまった…」

思うようにパターが入らず、悔しい思いをしたゴルファーは多いのではないでしょうか?

熱心なゴルファーの中には、パターマットを家に敷いてある人もいると思います。しかし、寝る前やラウンド前に、パターマットの上でボールを転がすことが、本当にパター数を縮めるのにつながるのでしょうか。

本記事では、パッティングが上達するパター練習器具「SQUARE1」を使って、正しいパターストロークを身につける練習方法を紹介します。

この記事がおすすめなのはこんな人
  • パターを上達させてスコアを縮めたい
  • パターストロークの身につけ方を知りたい
  • パターの上達に効果的な練習器具が知りたい
  • バンカー練習マットTHE EXPLOSIONの使い方を知りたい
  • パター練習器具「SQUARE1」の使い方が知りたい

上記にあてはまる人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

パター練習器具「SQUARE1」でパターストロークを身に着けよう!

おすすめのパター練習器具
MOTION IDENTITY パター練習器具「SQUARE1」

MOTION IDENTITY
パター練習器具 SQUARE1

■パッティング上達のための3つのキーワード

(1)Square Impact /スクエアにあてる。
SQUARE 1の両サイドのガイドとパターのフェイスが直角になるようにパッティングすることで、その残像が記憶され再現性の高いスクエア感が得られます。

(2)Sweet Spot/芯を捉える。
SQUARE 1を装着しパッティングすると自然にスイートスポットに当てることになります。
スイートスポットを外したミスパットを減らすことが出来ます。

(3)Square Zone/軌道を安定させる。
SQUARE 1の両サイドのガイドにボールが当たらないようパッティングすることで、より長いSquare Zoneを確保することが出来ます。 

ライター亜月

今回紹介するのは、パター練習器具「SQUARE1」です。

使い方はとても簡単。

自分のパターのブレード部分にネジでSQUARE1を固定し、上下の壁にボールが当たらないよう気を付けながらスイング練習を行うだけというもの。

目標方向にむけてフェース面がまっすぐ保たれたままストロークできるため、方向性が格段によくなります。

ライター亜月

ちなみに、SQUARE1を装着していない通常の様子は下記のような感じです。SQUARE1を装着すると、見た目から目標方向に打ち出しやすいのが分かります。

パターマットがあれば本番さながらの転がりを実感できますが、なければカーペットや畳の上などでの使用も可能です。

ライター亜月

私はヨガマットの上で練習しています!

SQUARE1をパターに装着して練習することで、フェース面と上下の壁で、ボールを取り囲んだ「スクエア空間」を意識できるようになり、パッティングの際、目標方向にまっすぐ打ち出す感覚がつかめるようになります。

パターは、スコアの半分以上を占めるといわれている、重要なクラブ。すなわち、パター数が良くなれば、スコアはアップする可能性があるのです。

SQUARE1を使用して、パター数を減らす練習をしていきましょう。

ライター亜月

以下で、SQUARE1の効果的な練習方法を紹介します!

ゴルフを愛する全ての人に

オンラインストア OIKAZE

ゴルフを愛するすべての人に

オンラインストア

OIKAZE

パター練習器具「SQUARE1」を使ったおすすめの練習方法

SQUARE1を使った、おすすめの練習方法を2つ紹介します。

  • 目標方向に打つ
  • 距離を打ち分ける

順に見ていきましょう。

「SQUARE1」を使ったおすすめのパター練習方法①
目標方向に打つ

まずはSQUARE1の基本の練習方法、ブレードにSQUARE1を装着し、目標方向に打ち出す練習です。

ライター亜月

パッティングで重要なのは、方向性と距離感といわれています。

狙った場所にボールを打ち出すためには、フェースの向きを狙いに対してまっすぐ構えることが重要です。

フェース面を目標方向にまっすぐ構えることができれば、あとはまっすぐ引いてまっすぐ打つだけで、ボールは狙った方向へ転がっていくもの。

しかし、自分では目標方向へまっすぐ構えているつもりでも、実はズレてしまっていることは良くあります。

SQUARE1であれば、ブレードの上下の壁とフェース面がスクエアを作り出すため、明確に目標方向へフェース面を向けられているかを視覚で確認することが可能です。

まずは方向性を良くするために、SQUARE1を使って目標方向に打つ練習をしていきましょう。

パターのアドレスのとり方

ボールを目標方向に打ち出すため、パターのアドレスのとり方も意識してみましょう。

パターのアドレスとは、パターでボールを打つ前に構える姿勢のことです。

アドレスを正しくとれていないと、せっかく目標方向に対してフェース面を向けられていても、スイング軌道がずれてしまい、ボールをまっすぐ打ち出せなくなることも考えられます。

パターのアドレスは、フェース面を目標方向に合わせたあと、フェース面がそこから動かさないように、足の付け根から前傾を取り、自身がしっくりくる幅でスタンスを取ることが基本です。両腕は力を抜いて、肩から重力に従って垂らすイメージにします。

ボールの位置は、左目の真下にセットしましょう。こうすることで、自動的に適度なアッパー軌道でインパクトを迎えられ、
良い転がりでパッティングを行うことができます。

フェース面とともに、アドレスの取り方も意識していけると良いですね。

「SQUARE1」を使ったおすすめのパター練習方法②
距離を打ち分ける

次に、SQUARE1を装着したパターを使って、距離を打ち分ける練習です。

ライター亜月

距離の打ち分けには、「振り幅」と「パッティングのリズム」を意識してみましょう。

まずは、基本となる振り幅とリズムを作ります。これは、自分の振りやすい振り幅とリズムで問題ありません。いつでも再現できるよう、自分の中に落とし込んでいきましょう。

基本となる振り幅とリズムができたら、その基本で打ったボールが、どれくらい転がっていくかを確かめます。毎回同じ振り幅とリズムで打つことができれば、ボールは同じだけ転がっていくはずです。

あとは、他の距離を打つ練習をするだけ。自宅での練習ではそこまで長い距離を打つことは難しいと思いますので、毎回短くても決まった距離を打てるように練習を重ねましょう。

「スイートスポット」でボールを捉える感覚を身につけよう

SQUARE1を装着したパターでは、上下の壁にボールが当たらないようにストロークすることで、自然と「スイートスポット」でボールを捉えることができます。

「スイートスポット」とは、パターのフェース部分を指し、ボールをとらえたときに、もっとも良い転がりを生むことができる部分のことです。

スイートスポットでボールを捉えることができれば、ボールの回転や転がりがよくなり、常に同じボールを打つことができるようになるでしょう。

ライター亜月

もしスイートスポットを外してスイングしてしまうと、フェースが開閉しやすく、左右のブレが生じやすくなるため、ミスショットになってしまう可能性が高いです。

SQUARE1を装着したパターで何度もボールを打ってみて、スイートスポットでインパクトする感覚を身につけていきましょう。

ゴルフを愛する全ての人に

オンラインストア OIKAZE

ゴルフを愛するすべての人に

オンラインストア

OIKAZE

パター練習器具「SQUARE1」を使用する際の注意点

「スクエアスイングが身につく」「スイートスポットでボールを打つ感覚がわかるようになる」といったメリットのあるSQUARE1ですが、使用する際には注意点があります。

それは、SQUARE1はパターのブレード部分に装着し使用するものですが、対応の厚みが決まっていることです。

SQUARE1はブレードの厚みが15mmまでのパターに装着でき、それ以上のものでは装着ができません。

SQUARE1を使用したいけれど、自身の使っているパターに対応しているかがわからない人は、上記の数字を目安に購入前にブレードの厚みを測ると良いでしょう。

重さが変わる心配は少ない

また、ブレードにSQUARE1を装着することで、重さが変わってしまうのではないかと心配する人もいます。

しかし、SQUARE1の重さは12gと軽く、ブレードに装着したからといって、スイングに影響を与えるほどではないと考えられるでしょう。

ゴルフを愛する全ての人に

オンラインストア OIKAZE

ゴルフを愛するすべての人に

オンラインストア

OIKAZE

ゴルフ上達をサポート!
編集部おすすめのアイテムはこれ

日本初上陸!
圧倒的なグリップ力と持続力をもたらす滑り止め

ゴルフのグリップが手汗で滑ってしまう方に朗報です。日本初上陸の革新的な滑り止め「チョークレス」が登場しました。

独自の特許技術”モンスターパウダー”を手に擦り込むだけで、自分自身の手の感覚を残しつつ、グリップ力が圧倒的に向上するという優れモノです。

【特徴】
1.驚異的なグリップ力
2.圧倒的な持続力
3.手汗や水を弾く撥水性
4.待たずに使える即効性
5.USGA公認!競技で使用可能
6.米国特許取得済み

結果としてスイングスピードも上がり飛距離アップに繋がるかも。

気になる方はぜひ、下記の公式ページや、レビュー記事をチェックしてみてください。

パター練習器具「SQUARE1」の効果チェックに!
スイング撮影器具「Practice View」もおすすめ

SQUARE1のパター練習の方法がわかったら、練習効果を確かめるために、Practice Viewの使用がおすすめです。

Practice ViewはTecTecTec初のスイング撮影器具で、スマホを固定して自分のスイングを撮影するために使用します。ゴルフの練習において、自撮りは成長に向けて必要なものといえるでしょう。

ライター亜月

「自身のスイングを客観視できる」
「理想のスイングとのギャップが目に見えてわかる」
といった効果があります。

Practice Viewならガッチリと挟める大型のクリップ式になっているので、キャディバッグにも取り付け可能。クリップ部分には柔らかいゴムが取り付けてあるので、傷をつけることもありません。

またスマホは横置きでも縦置きでも設置できるので、どこからでも撮影できます。挟まなくても机のような水平な場所なら、そのまま撮影ということも可能です。軌道、捻転、トップの位置などこまめなチェックを行って、ゴルフ上達を目指しましょう。

Practice Viewを使ったパター練習の方法

Practice Viewを使った練習方法のおすすめは、2つあります。

  • 横から撮影する
  • 前から撮影する

順に方法と効果をみていきましょう。

横から撮影する

まずは、パター練習を横から撮影する方法です。

Practice Viewは、ホルダー部や接合部を360度回転させることができるため、思い通りのところからスマホ撮影をすることが可能です。

Practice Viewの下部分はクリップ部分で固定させられるので、自宅でも練習場でも棚や扉などに設置することができますが、
パター練習を撮影するのであれば、床置きで問題ないでしょう。クリップが大きいため、安定感も抜群です。

目標方向に向けてパターを構え、その延長線上後方にカメラが来るよう、スマホをセットしたPractice Viewを設置しましょう。

ライター亜月

位置関係としてはこれくらい。スマホやパターに合わせて微調整しましょう。横向きのほうが撮りやすいです。

ライター亜月

実際に撮影した写真がこちらです!

SQUARE1を使用して構えている向きと、SQUARE1を使用せずに構えている向きが、同じように向けられているかをチェックします。

同じようにできていれば、そのままスイングをするだけで、目標方向へ転がりの良いボールを出すことができるでしょう。
できていなければ、目標方向にボールを打つことができず、ミスショットに繋がります。

Practice Viewを設置したスマホで、横からパター練習を撮影することで、方向性の確認が簡単にできるようになりますよ。

前から撮影する

次に、前から撮影する方法です。

ここで見たいのは、練習通りの振り幅とリズムで、パッティングができているか、という点です。

練習では同じ幅で同じリズムでスイングができているのに、ボールがあると途端にリズムを早めてしまうことはありませんか?

ボールがあってもなくても同じようにスイングができれば、同じ距離を同じ転がり方をするボールを打つことができるでしょう。

また、せっかく前から撮影するのであれば、スイング時に頭が動いていないかなどのチェックをするのもおすすめです。

ヘッドアップは悪いスイングをしたときに良く使われる言葉ですが、実はパターでもボールの行方が気になり、ボールを打つ前に頭を上げてしまう人が多くいます。

思った通りにボールが転がっていかないのは、ヘッドアップが原因となっている可能性も捨てきれません。振り幅やリズムをチェックしながら、全体のスイングについても確認していけると良いですね。

ゴルフを愛する全ての人に

オンラインストア OIKAZE

ゴルフを愛するすべての人に

オンラインストア

OIKAZE

理想スイングの形はスイング矯正練習器具で作る

自撮りはパターだけでなく、スイング練習にも効果的です。

Practice Viewで自撮りをしながら、理想のスイングの形は、スイングモンスター725で作りましょう。

スイング軌道修正におすすめのアイテム
スイング矯正練習器具「スイングモンスター725」

カチッと音を鳴らして振るだけであなたのダウンスイングがプロレベルに!

人気のスイングモンスター725から、当店限定モデルのショートバージョンが新登場!長さが短くなったことにより、室内でも使いやすくなりました!

プロのようなスイングでゴルフを楽しみたい。そんなアマチュアゴルファーの夢を整える練習器具を開発しました。ぜひこの器具でプロの動きを体感してください。

ゴルフスイングのトップから切り返し時に上半分のグリップを下半分のグリップにぶつけて振ることで、ミート率アップに繋がるインサイド軌道のスイングが体感出来ます。

スイングモンスター725はTecTecTecから発売されている、スイング矯正練習器具です。

アマチュアゴルファーに多い、スイング時のカット軌道を修正し、理想的なインサイドイン軌道を身につけることで、いままで以上の飛距離を身につける効果が期待できます。

使い方は、2つに分かれたグリップを両手でそれぞれ持って、切り返しで右手を左手にぶつけるだけ。

現在のスイングに慣れてしまっている人ほど違和感があるかもしれませんが、スイングモンスター725で体感した通りに自分のゴルフクラブを振ってみると、スイングが変わったのが体感できるでしょう。

おすすめの練習方法は以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ見てみてください。

ゴルフを愛する全ての人に

オンラインストア OIKAZE

ゴルフを愛するすべての人に

オンラインストア

OIKAZE

「ゴルフのパター練習」でよくある質問

パター練習ではなにが大切?

距離感と方向性です。

狙ったところへボールを転がすためには、距離感と方向性が重要です。距離感をつかむためには、決めた距離を何度も打てるようにする練習が効果的。方向性は、フェース面を狙う場所に正しく向ける感覚をつかめれば、身につけられるものです。今回紹介した「SQUARE1」を装着してパター練習を行えば、距離感も方向性も身につけることが期待できます。

パターが下手ですがうまくなりますか?

「練習は裏切らない」という言葉がある通り、正しい練習を行っていけば、パターは確実にうまくなります。

ただ単にボールを転がすだけでは練習にならないため、今回紹介した「SQUARE1」を使って、うまくなることを意識した練習を行っていきましょう。

ゴルフを愛する全ての人に

オンラインストア OIKAZE

ゴルフを愛するすべての人に

オンラインストア

OIKAZE

「SQUARE1」で理想のパターストロークを身につけてスコアアップをめざそう!

スコアの半分以上を占めるパター数を縮めて、スコアアップをめざしていきましょう。

スイング練習はしても、意外とパター練習はしていない、または特に決まった方法がなく、パターマットの上をボールを転がしているだけ、という人も多いのではないでしょうか。

パターのブレード部分に装着して使用するだけの「SQUARE1」を使えば、いつものパター練習も、効果的な練習に変わります。

SQUARE1を使用して、理想のパターストロークを身につけていきましょう!

MOTION IDENTITY
パター練習器具 SQUARE1

MOTION IDENTITYのパター練習器具、SQUARE1(スクエア1)は、パッティングで最も大事な「目標に対するスクエア感」を磨くアイテム。

使い方は簡単!お持ちのパターに取付ネジを使ってSQUARE1を取り付けるだけです。

SQUARE 1の両サイドのガイドとパターのフェイスが直角になるようにパッティングすることで、その残像が記憶され再現性の高いスクエア感が得られます。

Oikaze Blog渾身の記事

オレンジマン

Oikaze自社商品も競合商品も全てを実際に検証!ゴルフの距離計をアマチュアゴルファーのオレンジマンが正直レビューしました。

2024年2月
編集部おすすめのアイテムをPick Up

人気のMiniに「赤色表示」が登場!

TecTecTecのロングセラー人気距離計「Mini」から、待望の赤色表示モデルが登場!その名も「Mini+R

すっぽりと手に収まるサイズ感、持ち運び楽々の軽量モデルと、嬉しいことづくしの機能はそのままに、圧倒的な”見やすさ”を赤色表示で実現しました!

ハイエンドモデルで採用されることが多い赤色表示ですが、「Mini+R」は19,900円(税込)の価格設定が魅力。

初めての距離計はもちろん、コスパの良い距離計を探している方にお勧めしたい1台です!

クーポン利用で得しちゃおう!

5%OFF

↓LINEお友達登録でクーポン配布中↓

この記事を書いた人

亜月のアバター 亜月 ライター

ゴルフ歴約8年、平均スコアを80台に乗せたい週末ゴルファー。現在はどうしたらドライバーの飛距離を伸ばせるのか模索中。ゴルフと同じくらい食べることが大好きで、事前のゴルフ場レストランのメニューチェックは欠かせません。ヘッドカバーやゴルフウェアにもこだわって、長く楽しくゴルフをしていきたいと思っています。

目次